スポーツ自転車入門 INTRODUCTION TO SPORTS BIKE

Let's start
sports bike

ロードバイクの選び方

ロードバイクとは…

日常のサイクリングやフィットネス、遠くへ行くロングライドまでスポーツ要素の強いのがロードバイクの特徴です。
自転車が生まれて間もなくして誕生したロードバイクは100年以上の時を経て進化し続けてきました。
人の力で走る最速の乗り物として存在しており、スポーツとしても歴史があります。
年に一度開催される「ツール・ド・フランス」の名前を耳にしたこともある方が多いのではないでしょうか。
こういったロードレースと呼ばれる競技にも使われるバイクです。

トレックのロードバイクにはいくつかの種類があります。
あなたの使い方や体に合わせてバイクをお選びください。

スタンダードロードバイク・EMONDA(エモンダ)

油圧ディスクブレーキ×シマノ105搭載 EMONDA SL5 DISC ¥323,400-(税込)

まず最初にご案内するのが2015年に発表されたエモンダです。
2021年にフルモデルチェンジが行われ、現在で3代目です。
軽さとしなやかさのバランスが取れたスタンダードなロードバイクです。
トレックのカーボンの中では最軽量最上級グレードOCLV800を採用したSLR、ミドルグレードのOCLV500を採用したSL、300シリーズの超軽量アルミ合金を採用したALRの3種類でラインナップされます。

ロングライド重視ロードバイク・DOMANE(ドマーネ)

油圧ディスクブレーキ×シマノアルテグラ搭載 DOMANE SL6 DISC ¥467,500-(税込)

こちらは2012年に登場したDOMANEです。
2020モデルにて3代目に生まれ変わり、ディスクブレーキ専用設計となり、大幅なアップデートが行われました。
基本的なコンセプトは「石畳のような荒れた道も楽に速く走る」というものですが、このおかげでロングライドも体への負担を少なく楽しめる素晴らしいバイクに仕上がっています。
OCLV700を採用したSLR、ミドルグレードのOCLV500を採用したSL、キャンプツーリングなどを意識したエントリーアルミフレームのALと3種類ラインナップされます。

ピュアレーシングロードバイク・MADONE(マドン)

ディープリム×エアロフレームの存在感を放つ MADONE SLR9  ¥1,483,900-(税込)

エモンダやドマーネよりもその歴史は古く、2003年秋に初代マドンは誕生しました。
常にレースで勝つという目的のために設計され続けて、現行型のマドンで7代目となります。
トレックの技術力を結集して作られたマドンの性能は、レースだけでなくロングライドでも最強と謳われるほどの快適性を備えています。
フレーム形状の美しさでも目をひく素晴らしいバイクです。

グラベルロード・CHECKPOINT(チェックポイント)

太いタイヤ×ディスクブレーキの安定感 CHECKPOINT ALR5 ¥250,800-(税込)

ちょっとした悪路もロードで駆け抜けたいという方にオススメのCHECKPOINTが誕生しました。
ロードバイクとは思えない太さのタイヤで安定のグリップと快適さを手に入れたこのバイクは少々の悪路もものともしません。
キャリア取付穴などがついており、ロングツーリングやキャンプツーリングにもオススメの一台です。

トレックのツーリングバイク 520

 

トレックのツーリングバイク520 ¥168,300-(税込)

トレックのラインアップの中で最も長く販売されているモデルであり、ツーリング専用フレームを採用した520。トレックのバイクで旅にでるならこのバイクが最も適しています。

おすすめコンテンツ